メディプラスゲルが医薬部外品でない5つの強みとは?

メディプラスゲルは医薬部外品でないから○○できた!

化粧品を選ぶとき、あなたは何を基準にしますか?
口コミであったり、成分であったり、芸能人が使っているかだったり・・・
また、『化粧品』なのか『医薬部外品』なのかも基準にされることがあるかもしれません。

メディプラスゲルは『医薬部外品』ではなく『化粧品』です。
しかし、『化粧品』よりも『医薬部外品』の方が優れているように感じますよね?
でも『化粧品』には『化粧品』のメリットがあるのです。
メディプラスゲル

化粧品の種類

化粧品には医薬品医療機器等法という法律によって、大きく3つに分類されています。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

治療が目的の医薬品

医薬品とは強い作用がある成分が配合され、治療を目的に作られた薬品です。
体に強い作用があるため、副作用のリスクもあり、使用によって周囲の肌へのダメージが懸念されます。

単純な美容目的として使用するにはリスクがあります。

国に認められた有効成分が配合された医薬部外品

医薬部外品は医薬品に準ずる化粧品です。
最近では医薬部外品のスキンケア化粧品も増えています。
『ニキビを予防する』『シミを目立たなくする』などの効能を表示することができます。

美容のための化粧品

化粧品とは、メイクやスキンケアなど美容のために使う商品です。
メディプラスゲルも、この『化粧品』に該当します。
全成分を表示することが義務つけられています。

 

医薬部外品化粧品のメリット

医薬部外品は医薬品に準ずるものです。
メリットとして次のものが挙げあられます。

  • 厚生労働省に認められた有効成分が配合
  • 有効成分を表示できる
  • 効果・効能を表示できる
  • 認可にあたって安全性・有効性・品質が審査されている

 

国に認められた有効成分

医薬部外品は厚生労働省によって認められた有効成分が一定量配合されています。
そのため、その有効成分の効果・効能を表示するとこが認められています。
例えばニキビが気になる方であれば、
「ニキビへの効果」と表示されている方が選びやすいですよね。
医薬部外品でない化粧品であれば、同じ成分が配合されていたとしても、
効果・効能が表示されていません。
そのため、成分表示を確認したり、口コミで判断する必要がでてきます。

品質や安全性も審査されている

認可にあたって、一定以上の有効性や品質、安全性も審査されています。
とはいえ、商品によっては実際に使用して効果を感じられない場合や、
人によっては肌に合わない場合もあります。
安全性も審査されていますが、悠香の石鹸(茶のしずく石鹸)のような、
深刻な問題が起こる場合もあります。

審査はされていても絶対安全というわけではありません

 

メディプラスゲルの医薬部外品でない強みとは?

医薬部外品は化粧品よりも優れたものであるとイメージされ大きな宣伝効果を生みます。
しかし、医薬部外品でない化粧品は医薬部外品よりも優れた部分もあるのです。

肌のことだけを考えたバランスが良い成分を配合

医薬部外品は有効成分を一定以上配合する必要があります。
たとえば、メディプラスゲルにもプラセンタやビタミンC誘導体が配合されています。
医薬部外品であれば一定量以上配合するために、
どちらかの配合を見送るなどの判断が必要になることもあるでしょう。

化粧品には基準がないからこそ、肌のことだけを考えた成分をバランスよく配合することができる

全成分表示義務があるので安心

『化粧品』には全成分を表示する義務があります。
しかし医薬部外品には、なぜか全成分表示義務がありません。
そのため、医薬部外品化粧品には都合が悪い成分を表示していない場合が多くあります。
(化粧品と医薬部外品の成分表の配合成分の成分の数を見比べると一目瞭然です)

全成分表示されている『化粧品』であれば安心して使用できる

  • 肌に合わない成分が分かっていても、医薬部外品は成分表で判断できない
  • 肌に合わなかった時、どの成分に問題があるのか判断できない

 

価格が安い

医薬部外品は指定された配合量を守るため化粧品よりも開発コストがかかります。
審査の期間などもあり、医薬部外品でない化粧品よりも多くのコストがかかってしまいます。
そのため、必要以上に商品の値段も高くなってしまいます。

メディプラスゲルは2カ月使用できる180gを3796円で購入できます。
1カ月1700円で使用できます。

 

リニューアルの頻度が多い

上記のように医薬部外品には様々な審査があり、有効成分の量を変更も難しく、
リニューアルをする場合は時間もコストも大きくなってしまします。

メディプラスゲルは、ユーザーの不満を早く解消してくれるリニューアルが度々おなわれています。
「モロモロが出る」「べたつく」
といった不満は、約1年に1回行われているリニューアルによって大きく改善されています。

 

医薬部外品かそうでないか ではなく自身の肌に合った化粧品を!

化粧品には医薬部外品にはないメリットがあります。
『医薬部外品』か『化粧品』にとらわれず、
自身の肌に合った化粧品を選ぶようにしたいですね。

 

メディプラスゲルを販売しているメディプラスは、保湿ケアを最重要視しています。
保湿によって健康で元気な肌に戻れば、
肌のバリア機能の強化やターンオーバーが正常化します。

効果・効能は表示されていませんが、肌のくすみやシミ、ハリが改善されたとの口コミが多くあります。

 

医薬部外品の多商品と比較したメディプラスゲルの口コミ

メディプラスゲルに変えるとニキビが改善 20代後半女性
肌荒れやニキビで悩んでいたためメルラインというニキビケアのオールインワンクリームを使っていました。口コミでは良かったのですが使用してもなかなか改善できませんでした。そんな時、知り合いからメディプラスゲルを教えてもらいました。思ったよりべたつくのでニキビが悪化するのでは?と恐れていましたが、気づけば新しいニキビができなくなっていました。肌荒れは落ち着いた感じです。ゆらぎ肌でしたが、ガサガサ感はかなりなくなりました。約2か月使えてオールインワンならコスパも◎だと思います。

美白化粧品では変わらなかったシミが 40代女性
40代になって一気にシミが目立つようになり美白美容液を使い始めました。かなり効果な美容液でしたが3年ほど使ってもシミは増える一方でした。ヤケドをして皮膚科に行ったついでに顔のシミの相談をすると、肌の乾燥を指摘されました。そこでメディプラスゲルというオールインワン化粧品で保湿ケアをしました。シミはすぐに改善しませんでしたが、1カ月しないうちにくすみが消えました。(今までくすんでいたのにも気づかず・・・)半年もしようするとシミが少し目立たなくなった部分も出てきました。怪我の功名というか、くすみと肌のハリも昔に戻った感じです。しばらくメディプラスゲルを使い続けようと思います。

 

シミが気になるのであれば、美白成分が多く配合されている医薬部外品のスキンケア化粧品を使用するのも選択肢のひとつですが、
保湿力を高め、健康な肌を作り、シミだけでなく肌のトラブルを起こしにくい肌を作るという方法を先に試してみるのも良いですね。

メディプラスゲルは、公式キャンペーンサイトから購入すると、
初回は1000円引きの2996円で購入できます。



リニューアルされ5種のヒト型セラミド、4種のヒアルロン酸が配合さらたメディプラスゲルは長時間保湿が可能なオールインワンゲルで販売数は600万本を越えています。
保湿力が優れ幅広い年齢層の方から支持を得ています。
人気の秘密は優れた保湿力と、防腐剤無添加によりお肌への刺激が少ないことです。口コミでも高く評価されています。